85th Anniversary キタムラ機械はおかげさまで創立85周年を迎えました。これからも、高品質・高剛性・高精度のキタムラ機械をよろしくお願いいたします。

代表取締役社長 北村彰浩

 当社は、2018年11月8日におかげさまで創立85周年を迎えます。
 創業1933年(昭和8年)以来、常に最先端の工作機械の開発・販売に努め、1971年より次世代型工作機械と呼ばれる複合型マザーマシン・マシニングセンタの専業メーカーになりました。
 中でも現在の代表的な製品である『Mycenter(マイセンタ)』シリーズは1981年発売以来、当社独自の技術による高品質と信頼性を高く評価いただき、世界52カ国で多くのユーザー様に愛用されてまいりました。
 当社が千手観音像をヒントにして、世界に類がないマシニングセンタを開発した1970年には全世界でもマシニングセンタを製造するメーカーはわずか数社でした。
今では、世界中の工作機械メーカーが主力とする製品に育っています。今、当社は『匠の技』といわれるキサゲ作業を全て部品の組み合わせ面に施し、コンピュータ制御の補正に頼らずTrue Geometric Accuracy Ⓡ(真の機械姿勢・幾何学精度)1ミクロン未満の高精度と焼入れ鋼の重切削を両立する質に特化しています。
 今後ともマシニングセンタ専業メーカーとして、高精度・真実の質を追求しながら、皆様方の大切な財産であるマシニングセンタを、より末永く資産としてご活用いただくために、一台一台精魂込めて製作し、提供すべく精進して参ります。

代表取締役社長
博士(工学)・Ph.D.,Eng.
北 村 彰 浩

「マシニングセンタのキタムラ機械」私たちは、あらゆる機械を生み出す母なる機械=マザーマシン(工作機械)を1933年以来創り続けています。 キタムラ機械は、次世代型複合マザーマシンであるマシニングセンタの国内唯一の専業メーカーです。

1971年、世界で初めて千手観音像をヒントに、独創的な立形マシニングセンタ(T-12型)を開発したマシニングセンタのパイオニアです。同時に世界各国へ特許出願を行い、1974年に世界24カ国で特許を取得しました。当時、日本ではわずか数社だけが、欧米の特許技術供与を受けてライセンス生産していたマシニングセンタを、逆にキタムラ機械は欧米の工作機械メーカー(ドイツ、ドナウ社等)に技術供与行い、マシニングセンタのパイオニアの地位を確立しました。
スピードへの限界に挑み続ける最新鋭の力一テクノロジーから次世代旅客機、建段機械、医療機器、半導体装置、時代の最先端の舞台で活躍するあらゆる製品の数々は、高品位なマザーマシンが生み出す製品です。

非常に数少ないマシニングセンタの専門メーカーとしての機械づくりへのこだわりが生んだ、“マイセンターシリーズ”をはじめとする最新鋭機の数々は、キタムラブランドとして今や世界52ヶ国で多くのユーザーにご愛用いただいております。

横型マシニングセンタ Mycenter-HX250G 立形マシニングセンタ Mycenter-3XG Sparkchanger 門型マシニングセンタ BRIDGEcenter-8F
マシニングセンタについてもっと詳しく知りたい方はこちらからどうぞ
キタムラ機械 85年の歩み キタムラ機械創業から現在までの歩みを振り返ります
PAGETOP