生産技術

製造現場での経験を活かし、
生産の効率化にチャレンジしていきたい。

藪中 敦製造部 生産管理室  1995年入社

製品が出荷されるときの達成感、充実感は大きい

学生時代に旋盤やフライス盤などの操作を体験し、加工機械に興味を持つようになりました。そして、キタムラ機械が位置決め精度±1ミクロン以内を保証したマシニングセンタを製造していることを知り、こうした最先端の技術を持つ企業の一員になりたいと思って、入社を志望しました。
入社後は部品加工、製品組立を担当しました。製品の出荷日は決まっているので、無駄な時間をなくすことが大切です。一日の仕事が終わった後、翌日の仕事の流れをイメージするようにしていました。
また、不良を出さないよう、常に緊張感を持って仕事に取り組むことを心がけていましたね。
自分が製造に携わった製品が完成し、お客様のもとに出荷される時の達成感、充実感は大きく、とてもやりがいを感じました。また、部品加工には自社のマシニングセンタを使っていましたが、実際に操作してみて、操作性の良さや精度の高さを実感することができました。

わからないことは、先輩たちが気軽に教えてくれる

現在は、生産管理室で生産効率の向上に取り組んでいます。現場での経験を活かして改善点を見つけ、現場をサポートしていきたいと思っています。生産効率の向上は会社の利益につながりますから、やりがいの大きな仕事だと思っています。
まだわからないことも多いですが、先輩たちが気軽に教えてくれるので助かっています。
仕事中は皆真剣ですが、仕事を離れれば和気あいあいの雰囲気ですよ。ボウリング大会やイチゴ狩りなど社内のイベントも多く、他部署の人と仲良くなれるのが嬉しいですね。

エントリーはこちら

社員紹介

技術開発部 開発課主任
氷見久人(1993年入社)

技術開発部 技術課
江川翔英(2006年入社)

技術開発部 技術課
門田基(2002年入社)

製造部 生産管理室
薮中敦(1995年入社)

検査部 主任
林武志(1996年入社)

営業技術部 主任
山田之弘(1996年入社)

営業部海外事業部 U.S.A.駐在
森田虎男(1997年入社)

技術開発部
山下達也(2012年入社)

 

↑